黄熱ワクチンを接種される方へ

当院では、黄熱ワクチンの接種を希望される皆様に、接種前の事前受診をしていただいています(2回目の受診時に黄熱ワクチンを接種)。

これは、黄熱ワクチンの接種を検討することが必要な国では黄熱ワクチン「以外」にも、他の感染症の予防のお話、個人の健康・安全について確認やアドバイスなどが必要となりますが、黄熱ワクチンは1本が5人用のワクチンであるため、開封後には短時間で5人の方に接種を行わなければならず、事前に十分な相談時間を確保できないためです。

 

具体的には、マラリアの予防内服をしたほうがよいのか、黄熱以外のワクチン、ふだん飲んでいる薬の相談等、それぞれの渡航者に合わせたサポートを提案させていただいています。

当院では、高齢の方、持病がある方、お子さん連れ、妊婦さん、短期留学から長期に海外に帯同される方への相談も行っております。どうぞ安心してご相談ください。

 

まずは電話で1回目の受診(事前相談)の予約をしてください。

  1. 黄熱ワクチンを含めた事前相談(1回目 受診)
    (できれば2週間以上あける)
  2. 黄熱ワクチンとその他必要なワクチンの接種(2回目 受診)

 

注意:黄熱ワクチンの接種証明書は、予防接種を受けた10日後から有効になります。他のワクチンの接種も必要となることもあるため、予防相談受診を希望の際にはmできるだけ渡航までに1か月以上の余裕をもって予約をお願いいたします。

予約

受付電話番号

03-3202-1012

電話の受付時間は月曜日から金曜日の15時から17時です。

注意:他の時間は、体調が悪い患者さん等からのお問い合わせなどで電話が混雑をしています。ぜひご協力をお願いいたします。

診療時間

黄熱ワクチン接種日 火曜日・木曜日 9:00~12:00

 混雑状況により、予約時間の変更がございます。あらかじめご了承ください。

黄熱ワクチン接種をご予約の方

  • 来院時間:(予約時間の10分前)
  • 接種料金(証明書代込)は平成28年7月1日に接種する方から12,830円(税込み)です。現金・カードでの支払いとなります。 ※収入印紙での支払いは終了しました
  • 当日持参:パスポートもしくはパスポートのコピー(身分証明書)→黄熱国際証明書の氏名のスペル確認の為に必要です。

注意事項

  • 来院時、「再来受付機」にて受付後、 中央棟1階のトラベルクリニックにお越し下さい。
  • 接種前手続きがあるため、予約時間10分前までに来院して下さい。
  • 同じ時間帯に5名1組で接種をおこなうため、接種の順番が前後することがあります。
  • 接種後15から30分間は、体調観察のため院内でお過ごしください。
  • 家を出る前に熱をはかった時点で熱がある場合は必ずご連絡下さい。
  • 黄熱は5名1組での接種のため、原則、予約変更はできませんので、ご注意下さい。

黄熱ワクチンの有効期限の変更について

WHOのInternational travel and health(ITH)2016年度版で、黄熱ワクチンの接種証明書(イエローカード)の有効期間が10年から生涯有効へと変更されました。

これに合わせて、日本で発行される接種証明書も、これまでに発行されたものも含めて、生涯有効となります。この要件は2016年7月11日から実施されます。

制度変更の過渡期には混乱も予想されます。渡航先の大使館情報をあわせてご確認ください。

 

厚生労働省検疫所 黄熱ワクチン有効期限変更の説明リーフレット(PDF)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000129427.pdf

 

黄熱ワクチン接種証明書を紛失した場合

再発行については、有料で行われています。接種をした検疫所(当院の場合は東京検疫所または成田検疫所)にお問い合わせください。手数料とあわせてご確認ください。

2016年7月以降に当院で接種された方は当院のトラベルクリニックにご連絡ください。